「滞在型コンテンツの磨き上げ」や「滞在型プログラムの提供」にあたってのご支援

観光需要に関しては、都市から観光地へ大量に観光客を運ぶ“マスツーリズム型”から地域の個性と資源を生かした“滞在型(着地型)”の観光が主流となってきています。
弊社観光マーケティング研究所では、長年地域政策や地域開発分野の調査・研究およびコンサルティングを担当してきた研究員の知見とネットワークを生かすことで、旅行者のニーズを前提に、他の地域と差別化できるポイント(産業、伝統、文化、景観、自然環境、生活様式、食生活など)を押さた、当該地域に根ざした滞在交流型の観光地域づくりのお手伝いをいたします。

弊社では、「滞在型コンテンツの磨き上げ」や「滞在プログラムの提供」をご支援する際には下記3つの視点でもって取り組んでおります。
  (1)当該地域の魅力を旅行者に体感してもらえる仕組みづくり
  (2)リピートを前提とした、旅行者と地域が長く結びつくための仕組みづくり
  (3)地域住民と旅行者をつなぐ仕組みづくり

弊社プログラムの特徴

弊社では、C/Pバランス理論に基づく「商品コンセプト開発」の手法をベースに、滞在型コンテンツ(着地型プログラム)の磨き上げに活用できるように
アレンジをしたプログラムを通して「滞在型コンテンツの磨き上げ(コンセプト開発)」のご支援行っております。
また磨き上げられた「滞在型コンテンツ」を組合せて、当該地域発を原則とした「現地での移動手段付き」「ガイド付き」で半日~1日程度のミニツアーとする「滞在型プログラム」の提供にあたっても、各種助言・コンサルティングを行っております。

コンセプト・スケッチ:P.D./ネーミング/コンセプトステートメント/イラスト/特徴/メインターゲット

<滞在型コンテンツのコンセプト開発 例>
【Step1】 各種情報の収集・整理
  ■当該地域に関する情報取集・整理
  ■当該地域と類似をした地域で提供されている滞在型コンテンツの事例分析

【Step2】 当該地域における旅行者のニーズを発掘(多くの消費者の強いニーズの発見)

【Step3】 Step1およびStep2を元に「滞在型コンテンツのコンセプト」の開発
  当該地域における観光関係者などのメンバーを含め、アイディアのフラッシュ会議を実施し、「滞在型コンテンツのコンセプト」を作成する
  コンセプト作成の際には、右記のコンセプトシートを活用します。

【Step4】 「滞在型コンテンツのコンセプト」についてワークショップによる検討及び選定
  作成された「滞在型コンテンツのコンセプト」に対して、当該地域における観光関係者を交えたワークショップを開催し、「滞在型コンテンツのコンセプト」を選定する。

【Step5】 「滞在型コンテンツ」のコンセプトテスト
  「着地型旅行商品コンセプト(複数案)」のコンセプトテストを実施します。

【Step5】 「滞在型コンテンツ」のモニターツアーを企画・立案・募集
  STEP5のコンセプトテストの結果を踏まえ、最終的な「着地型旅行商品コンセプト」を決定した上で「滞在型コンテンツのモニターツアー」を企画する。

【Step6】 「滞在型コンテンツ」のモニターツアーを行い、モニター参加者へC/Pテストを実施
  モニターツアー参加者を対象にC/Pテスト(アンケート)を実施します。
  ■体験以前→コンセプトシートを提示、コンセプトの受容性を評価
  ■体験後→パフォーマンスの受容性を評価

【C/Pバランス理論】

■C(コンセプト):来訪したいと思わせる力
■P(パフォーマンス) :来訪したあとよかった思わせる力(リピート、口コミ等を誘発させる) と定義をし
C(コンセプト)とP(パフォーマンス)の受容性に関する評価を調査を通じて把握することで、商品の売上パタン(成功商品/スロースタート商品/線香花火商品/空振商品)を把握します。

C/Pバランス理論:商品の売上パタン(成功商品/スロースタート商品/線香花火商品/空振商品)