ミステリーウォーク実施による効果

リピーター化 した観光客が 地域を周遊し地域で消費 する「滞在交流型観光」へ!

1. 来訪者が地域を回遊し、滞在時間を増加させる取組

滞在時間が長いほど、現地での消費金額が大きいとの結果がでています。そのためいかにして、来訪者に長時間滞在いただけるように、「滞在交流型観光」への転換が求められています。

2. 地域との交流を通じて、リピーターを確保する取組

旅行者の満足度が高いからといって、必ずしも再来訪にはつながりません。地域を「特別な存在」「大切にしたい」「期待に応えてくれる」感じた旅行者がリピーターにつながります。

リピーター化 した観光客が 地域を周遊し地域で消費 する「滞在交流型観光」に向けてミステリーウォークを是非ご活用ください。

滞在時間が長いほど、消費金額が大きい「都道府県毎の平均宿泊数と消費額について」平成21年じゃらん宿泊調査非サービス品質・価値と満足度・紹介・再来訪意向との相関係数雨の昇順 「観光地の魅力向上に向けた評価手法調査事業報告書」平成22年、観光庁<br />

ミステリーウォークの具体的な効果

1. 地域に点在する観光資源を「謎解き」をテーマに結びつけ、一体とした観光資源として誘客!

地域に点在する魅力を紹介する「謎解き」を作成します。
単独では誘客の難しい「ちょっとした魅力」を共通のテーマで結びつけます。

・ヒントに従って街歩きをしている間に、 街の歴史と史蹟を巡ることができた(初めての来訪者)
・初めていくお店があり、今度ゆっくり行ってみたい(在住者)

2. 来訪者が地域を回遊し、地元商店街等で購買・消費!

来訪者が地域内を回遊し、途中にある商店街やヒントポイントの商店等で消費することが期待されます。

・商店の方々も良くしてくれて、 下田の昔の説明を聞けて楽しかった(2回目の来訪者)
・このような機会がないと入りにくいようなお店にも気軽に入れた(10回目以上の来訪者)

3. 滞在時間が増加し、地域での消費額が増加!

有名観光施設だけでなく、周辺にある魅力を周遊することで、滞在時間が増加します。
飲食店等と連携することで、消費額増加が期待されます。

・ミステリーツアーのおかげでおいしいものも買え、コーヒーを飲んでゆっくりできた(2回目の来訪者)

4. 地域を愛する人々と来訪客がふれあうことを通じて、 リピーターを確保!

再来訪を促すには、満足度ではなく、感動や、親しみ・特別な思いをもってもらうことが有効です。
地域とのふれあい等を通じて、「特別な存在」と感じてもらえる体験を提供します。

・茶屋さんが、とても良くして下さいました。また行きたくなるお店です(5~9回目の来訪者)
・各ポイントの皆さんが、とても温かく迎えて下さり、また下田が好きになりました。今回知ったお店に、また次に来た時に寄らせて頂きますね!!(10回目以上の来訪者)

5.地域のおもてなし意識を向上させ、地域の自律的・継続的な取組のきっかけに!

ミステリーウォーク成功には地域の方々の協力が不可欠です。地域の方々が魅力を考え、おもてなしのきっかけとなります。
1回だけのイベントで終わらせないで、地域自らが考えて取り組めるよう、意識の向上と継続的な取組が必要です。

ミステリーウォークでの購買店舗 ミステリーウォークでの消費金額 ミステリーウォークの今後の参加意向度