高橋 光幸

 高橋 光幸 客員研究員

富山国際大学 現代社会学部 学部長、教授(観光専攻)
専門分野:地域観光、地域経営

【経歴】

(株)日本能率協会総合研究所社会政策研究部部長、明治大学商学部兼任講師を経て現職
研究テーマ:観光資源の価値創造、観光を核とした地域産業のネットワーク形成
所属学会:総合観光学会(理事)、日本観光研究学会、文化経済学会<日本>、日本地域政策学会

【最近の活動実績】
●著書・論文

「魅力ある観光地創出の発想と方法」、総合観光学会編『観光まちづくりと地域資源活用』、同文舘、2010年。
「観光による地域づくりの課題と方向」、(社)地域問題研究所『地域問題研究』2010年2月号。
「合併した市町村における観光の現状と課題―岐阜県郡上市を事例として-」、『富山国際大学現代社会学部紀要』第3巻、2011年。
「中小企業による観光の取組み」、(財)商工総合研究所『商工金融』2011年5月号。
「日本における国際観光の展開と地域の課題」、中島恭一・田広林監修、富山国際大学東アジア交流研究会編『富山国際大学・遼寧師範大学共同論文集 東アジア地域の歴史文化と現代社会』桂書房、2012年。
「砺波平野散村景観の現状と保全のあり方」、『富山国際大学現代社会学部紀要』第4巻、2012年3月。

●学外活動

「観光・交流による地域活性化の新しい発想と方法」、黒部川扇状地研究所平成22年度春季講演会、2010年5月29日。
「屋敷林の再発見とその保全・創造」パネルディスカッショ・パネラー、『2010年全国屋敷林フォーラムin砺波平野』、砺波市庄川生涯学習センター、2010年10月23日。
「日本の観光の課題」遼寧師範大学歴史文化旅遊学院(中国大連市)、2011年11月24日。
「地域で暮らし観光客と交流する」今庄観光協会(福井県南越前町)20周年記念講演、2011年12月4日。
「豊かな自然・人文環境を活用した観光・交流」第5回「HIMI」学支援セミナー(富山国際大学)、2011年12月17日。
「庄川温泉郷のこれからの方向性」庄川峡観光協同組合研修会(砺波市)、2012年1月30日。
平成23年度地域別研修「仏語圏アフリカ持続可能な観光開発」コース、(独)国際協力機構(JICA)、2012年2月17日~3月12日。
「富山県西部地方における外国人観光客の移動容易化のための言語バリアフリー化調査」委員、国土交通省北陸信越運輸局、2012年1月~3月。